省エネ実践ガイドブック 2-3.省エネ診断・現場訪問 〜省エネ・温暖化対策を新たな成長の原動力に〜今すぐできる中小企業向けヒント集

Top > 省エネ診断・実践ガイド > 中小企業向け 省エネ実践ガイド > 省エネ実践ガイドブック 2-3.省エネ診断・現場訪問

省エネ診断・現場訪問

スケジュール

現地訪問スケジュールを調整
省エネ診断にかかる所要時間は 約2〜3時間程度(規模などにより異なる)

オープニングミーティング

オープニングミーティング

事業者へのご挨拶の後、省エネ診断の主旨、診断の流れ等についてご説明

省エネについてヒアリング

省エネについてヒアリング

事前アンケートに基づきヒアリング

  1. 省エネに対する 体制・心構えなどについて
  2. エネルギー管理や設備の運用管理について
  3. 今後の省エネに対する計画など
  4. 対策などで困っている点、相談したい点など
  5. 不足情報の確認など
現場確認・診断

現場確認・診断

ヒアリングの結果などを元に現場での省エネ診断を実施

  1. エネルギー使用源の確認、チェック
  2. 照度計による明るさチェック
  3. 赤外線温度計による各箇所の温度チェックなど
  4. 各設備・機器の使用実態確認などを実施
現場における省エネアドバイス

照明の間引きの方法のアドバイス

照明の間引きの方法のアドバイス

省エネ診断を行いながら、実際の省エネの方法などをアドバイス

コンプレッサーの省エネ手法のアドバイス

コンプレッサーの省エネ手法のアドバイス

キュービクル(受電設備)の説明

キュービクル(受電設備)の説明

クローズミーティング

照明の間引きの方法のアドバイス

照明の間引きの方法のアドバイス

当日の実際に現場を見た結果をご報告

  1. 省エネ診断、ヒアリング等で気づいた点、省エネ対策のポイントなどをご説明
  2. 具体的な省エネ方法のアドバイス、省エネ機器のご紹介なども実施
  3. 事業者からの質問にもお答えし、その日の省エネ診断を終了