省エネ実践ガイドブック 2-1.省エネ診断全体の流れ 〜省エネ・温暖化対策を新たな成長の原動力に〜今すぐできる中小企業向けヒント集

Top > 省エネ診断・実践ガイド > 中小企業向け 省エネ実践ガイド > 省エネ実践ガイドブック 2-1.省エネ診断全体の流れ

省エネ診断

問合せ・申し込み

省エネ診断の募集開始後、所定の申込用紙等に必要事項を記載の上、お申し込みいただく。

省エネ診断実施決定

省エネ診断の実施決定後、担当者よりご連絡。スケジュールなどを調整し診断日程を決定。

省エネ診断事前調査(アンケート)

省エネ診断訪問前に下記調査を実施。

  1. 直近1年分のエネルギーデータ(電気・ガス・燃料等)
  2. 建物の情報(竣工年、延べ床面積、階数等)
  3. 設備の情報(照明、空調、動力等 おおよその台数など)

省エネ診断・現地訪問

診断員が訪問し、省エネ診断を実施。(所要時間は2〜3時間ほど)

  1. 現状(運用・管理・組織など)についてヒアリング
  2. 現場確認
  3. 現場でのアドバイス。
  4. 現場確認後の総括(改めて省エネ対策のポイントをアドバイス)

省エネ診断カルテで報告

省エネ診断結果をA3一枚の「カルテ」として報告。
対策のポイント、推定削減効果、電力使用実績のグラフ表示など、わかりやすく報告する。

省エネ対策実施

省エネ診断時のアドバイスや、後日送付された「カルテ」に基づき、各社で省エネ対策を実施。

フォローアップ

省エネ対策後のエネルギーデータをいただき、結果確認を実施。
また実際に取り組んだ事例などもヒアリングで確認。
(実訪またはアンケートにより実施)