省エネ実践ガイド2-3 業種ごとの電力消費の特徴 〜省エネ・温暖化対策を新たな成長の原動力に〜今すぐできる中小企業向けヒント集

Top > 省エネ診断・実践ガイド > 中小企業向け 省エネ実践ガイド > 省エネ実践ガイド2-3 業種ごとの電力消費の特徴

省エネ・節電を中小企業の経営に活かす

卸・小売店の電力消費の特徴

1日の電気の使われ方
(冬期のピーク日)

平均的な卸・小売店においては、昼間(8時~21時)に高い電力消費が続く。

電力消費の内訳
(冬期のピーク時断面)

電力消費のうち、空調が約31%、照明が約36%、冷凍冷蔵(冷蔵庫、ショーケース等)が約12%を占める。
これらを合わせると電力消費の約79%を占め、これらの節電対策が効果的。

卸・小売店(事例)における電力需要カーブのイメージ 一般的な卸・小売店における用途別電力消費比率

卸・小売店(事例)における電力需要カーブのイメージ

一般的な卸・小売店における用途別電力消費比率

食品スーパーの電力消費の特徴

1日の電気の使われ方
(冬期のピーク日)

平均的な食品スーパーにおいては、営業時間帯(10時~21時)に高い電力消費が続く。

電力消費の内訳
(冬期のピーク時断面)

電力消費のうち、冷凍冷蔵(冷蔵庫、ショーケース等)で約45%、照明(一般照明、ショーケース用照明)が約31%を占める。これらを合わせると電力消費の約76%を占め、これらの節電対策が特に効果的。

食品スーパー(事例)における電力需要カーブのイメージ 一般的な食品スーパーにおける用途別電力消費比率

食品スーパー(事例)における電力需要カーブのイメージ

一般的な食品スーパーにおける用途別電力消費比率

医療機関(病院・診療所等)の電力消費の特徴

1日の電気の使われ方
(冬期のピーク日)

平均的な医療機関(病院・診療所等)においては、昼間(9時~18時)に高い電力消費が続く。

電力消費の内訳
(冬期のピーク時断面)

電力消費のうち、空調が約13%、照明が約52%を占める。これらを合わせると電力消費の約65%を占める、これらの分野における節電対策が効果的。

医療機関(事例)における電力需要カーブのイメージ 一般的な医療機関における用途別電力消費比率

医療機関(事例)における電力需要カーブのイメージ

一般的な医療機関における用途別電力消費比率

ホテル・旅館の電力消費の特徴

1日の電気の使われ方
(冬期のピーク日)

ホテル・旅館は、23時以降の深夜から朝9時頃の夜間以外は高い電力消費が続く。

電力消費の内訳
(冬期のピーク時断面)

電力消費のうち、空調が約26%、照明が約32%を占める。これらを合わせると電力消費の約58%を占め、これらの節電対策が効果的。

シティホテル(事例)における電力需要カーブのイメージ 電気による暖房を中心とするホテル・旅館における用途別電力消費比率

シティホテル(事例)における電力需要カーブのイメージ

電気による暖房を中心とするホテル・旅館における用途別電力消費比率

飲食店の電力消費事例

1日の電気の使われ方(冬期のピーク日)

24時間型・昼型・夜型など営業種別により営業時間帯が異なり、外気温や入客状況に応じて電力消費の状況が大きく異なります。

24時間型・昼型・夜型など営業種別により営業時間帯が異なり、外気温や入客状況に応じて電力消費の状況が大きく異なります。

電力消費の内訳(冬期のピーク時断面 )

電力消費のうち、空調が約14%、照明が約25%、厨房機器等(給湯・冷蔵庫・ショーケース等)で約47%を占める。これらを合わせると電力消費の約86%を占め、これらの節電対策が効果的。

飲食店における用途別電力消費比率の事例

飲食店における用途別電力消費比率の事例

製造業の電力消費の特徴

1日の電気の使われ方(冬期のピーク日)

製造業の電力消費の特徴

電力消費の内訳(冬期のピーク時断面 )

電力消費のうち、生産設備が占める割合が高くなっているが、生産活動に影響を与えないよう、一般設備を中心に節電に取り組む。生産工程や納期、必要な生産環境(空調)に応じて電力消費形態が異なる。

製造業の用途別電力消費比率事例

家庭の電気の使い方の特徴

冬期平日の電気の使われ方(イメージ)

家庭には消費電力が大きい電気製品があり、平日の節電する時間帯、特に夕方以降は気をつけて使う。
(例)電気カーペット、電気ストーブ、ジャー炊飯器、電気ポット、電子レンジ、ホットプレート、オーブントースター、IHクッキングヒーター、食器洗い乾燥機、温水洗浄便座、ドライヤー、洗濯乾燥機(乾燥)、浴室乾燥機、掃除機、アイロン等

冬期平日の電気の使われ方(イメージ)