省エネ実践ガイド1-3 事前アンケートから見えたこと 〜省エネ・温暖化対策を新たな成長の原動力に〜今すぐできる中小企業向けヒント集

Top > 省エネ診断・実践ガイド > 中小企業向け 省エネ実践ガイド > 省エネ実践ガイド1-3 事前アンケートから見えたこと

無料省エネ診断の結果から見える中小企業の省エネのポイント

事前アンケートから見えたこと(1)

電力料金、エネルギー使用料金だけではなく、同時にエネルギー使用量の把握も実施しましょう。

※料金単価は変動するので、省エネ対策としては、使用量で把握する方が適切です。

エネルギー使用量と使用料金を把握することで、貴社のエネルギー単価検証や比較ができます。

例:使用料金/使用量= ●●円/kWh (月次比較をすると月ごとの変動がわかります)

標準的な電力料金単価は
中小規模事業所では   :  18円/kWh ~ 25円/kWh 程度   となります。
貴社の電力単価を算出して比較してみましょう。

※ ただし、テナント事務所等の場合は、オーナーの維持管理費等も含まれていることもありますので、個別にご確認ください。

電力料金、電力使用量の把握方法

電力単価算出方法
237,340円/15,142kWh=15.7円/kWh

電力料金、電力使用量の把握方法

電力料金、電力使用量の把握方法

電力単価算出方法
6,315円/290kWh=21.7円/kWh

電力料金、電力使用量の把握方法

事前アンケートから見えたこと(2)

電力料金、エネルギー使用量のグラフ化をしてみましょう。

エネルギー使用量と使用料金をグラフ化すると、貴社のエネルギー使用状況の確認ができます。
季節変動があるのか?生産変動があるのか?一年中均一なのか? を確認しましょう特徴がわかると、どの部分で省エネをすればいいか見えてきます。

エネルギーデータのグラフ化

東京商工会議所 CO2チェックシートを活用しましょう

東京商工会議所では環境への取り組みサービスの一環として、CO2チェックシートを公開しています。
このようなサービスを有効に活用しましょう。

CO2チェックシート

東京商工会議所 CO2チェックシートを活用しましょう

事前アンケートから見えたこと(3)

1年に一度は自社の設備の確認をしましょう。

まずは、自社の設備は、どのようなものが、どれぐらいあるのか把握しましょう。
その中で、エネルギー消費が大きいものや、数がたくさんあるもの等を把握し、省エネルギー計画の土台としましょう。

1年に一度は自社の設備の確認をしましょう。