セミナーのご紹介 〜省エネ・温暖化対策を新たな成長の原動力に〜今すぐできる中小企業向けヒント集

Top > 省エネ診断・実践ガイド > 中小企業向け 冬の節電・省エネセミナー レポート 第一部(2011年12月1日)

中小企業向け 冬の節電・省エネセミナー レポート 第一部(2011年12月1日)

~第一部 省エネ・節電を中小企業の経営に生かす
冬の省エネ・節電対策のポイントや助成金情報~

環境経済株式会社代表取締役社長 尾崎寛太郎様

省エネとは、節電とは、エコとは?

→当サイトの「中小企業向け省エネ実践ガイド」をご参照ください。

今冬期の電力供給状況と冬期の需要の特徴

今冬の電力事情は、東日本で夏ほどは深刻にならない見通しで、電力使用に関する法的な規制は無い予定ですが、政府は皆様の自主的な節電を継続してお願いしています。
中長期的にも、電力供給面では今後の原子力発電の稼動状況も含め厳しいことが予想され、政府としても短期的な対策のみならず3年先を見据えた対策も打っていく方針としています。

今冬期の節電期間は、12月1日(木)~3月30日(金)の平日の9:00~21:00(12月29日~1月4日は除く)となっています。
今回の節電についても夏と同様に、電力使用量(KWh)を押えることではなく、ピーク電力の抑制である事がポイントとなっています。
全国的な電力需給バランスは、東日本では、関東近辺は比較的余裕がありますが、東北は厳しい予想となっています。
一方、西日本では関西と九州が大変厳しいものと予想されており、政府から節電の数値目標が出されております。

夏の電力使用量ピークは、冷房に伴う14:00前後となっていますが、冬は朝と夕方にピークが現れることが多くなります。9:00~10:30(10:00頃ピーク)、17:00~19:00
家庭では朝と共に、夕食から一家団欒に掛けての夕方~夜にピークとなります。

また、1月の仕事始めに一気に電力使用量が上がる傾向があります。
この理由は、仕事始め時に電源投入が集中することによります。
空調の起動時間をずらし、順次起動させる等工夫をするようにしましょう。
夜間外気温が平年を下回った、あるいは雪の降った翌朝は特に注意しましょう。
最大電力ピークに合わせた電力契約の場合、最大電力ピークを更新すると、基本料金が上がるのでご注意ください。

各業種・業界や事業所による電力消費の特徴と節電対策

オフィスビルでは、過度な換気に注意しましょう(CO2濃度1000ppm以下なら不要)
商店では、照明器具を中心に節電対策を行いましょう。(白熱球→蛍光灯、LED電球への変更など)
食品スーパーではショーケースの冷気が漏れない工夫をしましょう。
飲食店では、フライヤー等複数台使用している場合は、時間別稼動を考えましょう。
厨房の照明が大きな比率を占めているケースも見られます。

工場設備、特に中小企業では竣工当時のままの運用が続けられ、実状に合っていないケースもあります。
現状に見合った設備の稼働状況を検討することと、過度な給排気、空調には注意しましょう。

家庭では、電気で熱を出すもの(IHヒーター、電子レンジ、ドライヤー)を一度に使わない工夫を。

家庭や事務所の冷え防止にはホットマットが良い。(温風ヒーター等より熱効率が良い)

工場では、電力・エネルギー使用量の現状把握を行い、コスト分析すると同時に、責任者を明確に決めることが継続的な節電への取り組みには重要です。

エネルギーの使用状況の把握方法と省エネ対策の具体的手法

電気使用量、ガス使用量、上下水道料金それぞれのお知らせからエネルギー等の使用状況を把握しましょう。(請求は1ヶ月遅れなので注意)

省エネ対策として「運用改善」「小規模改修」「大規模改修」の3つに区分し、導入の容易性と費用対効果に着目して実施していきましょう。

MFCA(マテリアルフローコスト会計)によるコスト計算を行ってみましょう。
工程ごとの投入コストの中で、実際に製品に使われたコストと、製品に使われなかった分のコストとを分けて分析する方法で、エネルギーコストも製品原価の中で考えてみることが重要です。
また、生産量とエネルギー使用量を比較してみること等で、異常を見つけることができます。

業種別省エネ対策の導入方法

省エネ対策には、「運用改善」→「小規模改修」→「大規模改修」の3種類あります。

まずは、すぐ出来て効果の上がる運用改善から行うのが良いでしょう。
中小企業では、現状からきちんと把握していないケースも多いので、省エネ診断等を活用してみましょう。
省エネによる経費削減は、即利益に繫がるので、経営改善に役立ちます。

運用改善を行っているつもりが、あまり効果のない場合も見受けられます。
(夏場の空調室外機の効率を高めるための散水方法で、熱交換部分に適切に散水されていないケースなど)
コンプレッサーからの空気漏れ、蒸気トラップからの蒸気漏れもエネルギーロスとなります。

中小企業では、5S(整理・整頓・清潔・清掃・躾)による動線の改善も効果があります。
工場では複数台ある設備の稼働台数を検討し、必要台数のみ稼動させることを考えましょう。

業務用ビル
空調のフィルター清掃や室外機清掃点検が効果的です。

事務所などでは、目標数値(設定温度など)が見えるように貼っておくことも重要。

中小企業向け省エネ推進支援と各種助成金の紹介

中小企業の省エネルギー推進のための支援策、各種補助金も多数用意されています。
これらを活用して、ローコストで小規模・大規模改修を行うことも可能となっています。

詳しくは、テキストをご参照ください。

セミナー