セミナーのご紹介 〜省エネ・温暖化対策を新たな成長の原動力に〜今すぐできる中小企業向けヒント集

Top > 環境ビジネス展開支援 > 「中小・小規模企業の環境・エネルギー分野における新事業展開支援」セミナー【第1回】

「中小・小規模企業の環境・エネルギー分野における新事業展開支援」セミナー【第1回】

平成27年2月26日 東京商工会議所主催「中小・小規模企業の環境・エネルギー分野における新事業展開支援 第1回」が開催されました。
東京商工会議所では、環境・エネルギー分野における新事業展開の成功事例として10社を対象に、これまでの経験等についてヒアリングを行いました。
本セミナーでは、ヒアリングを行った3社を講師としてお招きしお話いただきました。
質疑応答も多く、環境・エネルギー分野における新事業展開への関心の高さがうかがえました。

~ご挨拶~

2013年中小企業白書において、過去10年間に新しい分野で実施、検討した事業として環境分野が圧倒的に多いことが分かりました。
東京商工会議所では、この部分に注目して成功している10社にヒアリングし、本日は3社にお越しいただき講演いただくことなりました。

環境の知識に関するセミナーは沢山ありますが事業展開に関するセミナーは数が少ないように思いますので
本セミナーでの成功されている企業様の講演内容が皆様の事業展開の参考になれば幸いです。

各社事例紹介 1

株式会社エコファクトリー  講師 代表取締役社長 村上 尊宣 氏

事業内容

・輻射式(放射式)冷暖房装置の製造、販売及び保守点検
・省エネルギー機器、自然エネルギー機器の研究、開発、製造、販売及び保守

事業開始の契機

2005年に地球環境に関するセミナーに参加し、地球環境の現状に強い危機感を覚え、環境に配慮した建築を行いたいと考え、社員を交えてどのような事業が良いのか検討を行いました。その時、2000年に住宅の管理のため物件を見に行った際のヒートパイプ技術での着想を思い出し、空調分野のエネルギー消費量削減を目指して、ハイブリッドサーモシステムecowinを開発するに至りました。現在は、ecowin、ecowinornament、ecowinHYBRIDの3商品を展開しています。
→詳細は「株式会社エコファクトリー」の事例紹介ページをご覧ください。

質疑応答

Q1国内の大手ハウスメーカー、工務店との業務提携・実績はありますか。

A1弊社は代理店制度を取っており、現在、全国に28社ございます。
全国規模の大手代理店様も昨年、今年と提携させていただくことになり、現在、事業成長がスピードアップしています。
実績は1,500件ほどあり、販売と施工を行う代理店を通して、各メーカー等に供給しています。

Q2建築業界は実績重視の企業が多いため、導入までご苦労されたかと思いますが、ターニングポイントとなった場面は、どのようなものでしょうか。

A2熊本が本社ということもあり、まずは熊本で実績を積み上げていきました。
建築業界は実績重視のため、この実績を元に、九州、全国と事業を展開していきました。
また、認知度向上のため、熊本市の補助金制度を活用して東京ビッグサイトに出展することも行いました。
転機としては、本州で初めて千葉の企業の本社ビルに採用され、展開を重ねていく中で、大手ハウスメーカーからの依頼で、住宅・幼稚園に導入することが出来ました。もうひとつの大きな転機としては、1物件で188台という医療法人への導入でした。
積み上げた数々の実績が評価されたことで、地元熊本の公共施設などにも採用されるようになりました。
時間は非常に掛かりますが、一つ一つの積み重ねが重要と感じています。

Q3商品の収支シミュレーション、耐久性を教えていただけますか。

A3これまでの実績(住宅、老人介護施設、倉庫など)をベースにお客様へ収支シミュレーションをご説明しています。
大まかではございますが、早いところで3年、長いところで7、8年ほど初期コストを改修でき、それ以降はプラスに転じます。
また、大空間空調の場合は、イニシャルコストも抑えることができるメリットがあります。
ecowinの耐用年数は消耗部材が少ないのでは一般エアコンの2倍くらいとお考えください。

各社事例紹介 2

株式会社ユーパーツ 代表取締役社長  清水 道悦 氏

事業内容

・自動車用の中古パーツ・リビルトパーツ・優良パーツの販売
・自動車検査部品の検査・リビルト
・自動車検査機器の開発・販売
・事故車の買取
・部品・車両の海外輸出

事業開始の契機

1975年の創業当初は、廃棄される金属、非鉄金属などを選別、回収し、販売することを主な事業としていましたが、廃材として扱われるものの中でも使用できるものが多くあり、それをうまく使ってもらえるような事業を行おうと、当時の社長であった清水信夫氏(現会長)が考え、リユース事業を展開し始めました。
主に、自動車リサイクル部品の製造・販売、再生バッテリーの販売、自動車リサイクル部品のテスト機器の開発・販売を展開しています。
→詳細は「株式会社ユーパーツ」の事例紹介ページをご覧ください。

質疑応答

Q1海外支援展開の内容を教えてください。

A1発展途上国を中心に支援しています。使用済の日本車は年間150万台が出荷されており、国によっては部品処理に問題がある場合もあり、JICA、JETROなどと協力して技術支援を行っています。また、南米、アフリカでも需要が増している状況もあります。香港、ミャンマー、ペルー、インドネシアなどでも現地と密接に関わりながら支援をしています。

Q2リユース部品の保証期間等を教えてください。

A2保証期間は2年間、走行距離2万キロを目安にしています。取引は全てBtoBのため、ある程度の期間のずれについては柔軟な対応を取っています。また、部品調達コストを抑えたい保険業界様とも連携をとっており、リユース部品の広告宣伝を保険業界様に行って頂いています。

Q3リサイクルパーツの調達の課題などについて教えてください。

A3弊社はメーカーではないので、中古車として仕入れたものから部品を調達しています。1社だけでは需要に対応できないため、300社と協力して共有のデータベースに登録することで、常時1,500万点ほどの部品を用意しています。しかし、この点数を用意しても注文に対応できない機会損失は約50%あります。

各社事例紹介 3

ジーニアアンドアーレイ株式会社 代表取締役社長  畑 宏芳 氏

事業内容

・照明システムの制御開発、販売
・二酸化塩素などの除菌システムの開発、販売

事業開始の契機

半導体、電子デバイス関連の開発を行っていましたが、受託の開発業務中心では業績が不安定で領域を広げることが求められていました。その中で、従来事業で培った経験や技術を軸に半導体照明としてのLED照明(特にハイパワーのLED照明)分野に研究・開発を集中し、2008年には独自の技術、生産技術を確立。LED照明及び制御システムまでトータルで開発し、2009年にLED照明の販売を開始しました。
→詳細は「ジーニアアンドアーレイ株式会社」の事例紹介ページをご覧ください。

質疑応答

Q1日本製のLED商品は沢山ありますが、御社工場で製作されたLEDと、他の日本製LED商品の違いを教えてください。

A1商品を製作する上で必要なハンダ付けは、鉛を無くしたものが主流となっており、これにより技術力が必要とされるようになりました。これにより各人の技術力に品質が左右される部分が出てきました。そこれで基礎から見なおしてシンプルに作業が進められるようにしてコストを抑えるようにした結果、Made in Japanの品質でコスト的には中国メーカーと戦える商品が製作可能になりました。また、大手メーカーに比べて我々ベンチャー企業は流通経路、ブランド力などが無く全てのLEDの商品に対応することは競争力の低下を招くとの判断から、ハイパワー商品に絞って展開しています。

まとめ

株式会社早稲田環境研究所 副主任研究員  佐藤 雄 氏(株式会社早稲田環境スマートシステムズ 代表取締役社長)

ヒアリングを行った10社は2002年頃に事業展開した割合が多いのが特徴です。

理由としては、2002年頃からヒートアイランド、地球温暖化がマスコミで騒がれるようになり、一般消費者、企業ともに環境意識が変わったことで市場として成り立つにようになってきた事が背景にあります。

各社、既存事業からの脱却、新規事業の展開を検討されている中で、従来にない事業、商材に勝機を見出し、又、入念な事前調査を行った上で事業を開始されていることが特徴的です。これに加えて、環境(特にリサイクル)ビジネスを展開する場合、法律が重要になることが多いため、事前に調査した上で進出しています。

共通しているのは、スタート当時は非常に苦労されていることです。
まず、信用力といった部分が最初の大きな壁になっています。そのために補助金の活用や、海外展開の助成を利用し、それを元に横展開されている企業もいらっしゃいます。もうひとつは、当社比よりも購買者への信頼度が上がる第三者認証を利用するのも1つの方法です。

また、環境商材を扱う企業はファブレスという工場を持たない方式を取る企業の数が多いのも特徴です。アップル、ユニクロも同様のスタイルを取っており、事業の展開がしやすいことが挙げられます。

更に事業を継続されている企業の特徴的な一面としてアフターフォローが手厚いということがありました。
導入実績に加えて、数値的な効果などもデータ収集していました。これらは、新たな事業展開のファーストステップの次に重要な部分と感じています。