平成28年度 環境ビジネス展開支援 調査報告書 7.今後の展望 〜省エネ・温暖化対策を新たな成長の原動力に〜今すぐできる中小企業向けヒント集

Top > 環境ビジネス展開支援 > 平成28年度 環境ビジネス展開支援 調査報告書 > 平成28年度 環境ビジネス展開支援 調査報告書 7.今後の展望

7. 今後の展望

「事業領域の拡大」と「人手不足の解消」を挙げたのがそれぞれ3社ずつあった。これは前述の通り、事業拡大に伴う人手不足に悩んでおり、その解消が急務となっているため、今後の展望として挙げる企業が多かった。同時に、「人手不足の解消」を挙げる企業は事業領域の拡大を挙げており、事業の拡大よりも人手確保を優先するのではなく、事業領域の拡大と並行して進めていこうとしている。
また、その他として4社が上記とは別の展望を掲げており、その内容を表 7-1に示す。
その他の項目で特徴的だったのは株式会社森のエネルギー研究所の「連携企業の拡大」である。森のエネルギー研究所では多くの企業との連携が、自社の知見の拡大にもつながり相乗効果を生み出すと考えており、人手不足の解消にも繋がると考えている。そのため、同業他社とも積極的に連携を図りたいと考えている。

rep27_6
図 7-1 今後の展望(複数回答)

表 7-1 その他の回答内容(今後の展望)

シェアの拡大 海外展開
連携企業の拡大 技術の普及