平成28年度 環境ビジネス展開支援 調査報告書 6.現状の課題 〜省エネ・温暖化対策を新たな成長の原動力に〜今すぐできる中小企業向けヒント集

Top > 環境ビジネス展開支援 > 平成28年度 環境ビジネス展開支援 調査報告書 > 平成28年度 環境ビジネス展開支援 調査報告書 6.現状の課題

6. 現状の課題

現状の課題として、「人手不足」が6社、「資金力不足」が2社から挙げられた。これらの要因の1つとして、前年度は創業からの期間が短いことが挙げられていたが、今年度は特に創業年数による偏りなどは見られなかった。前年度とは異なり、今年度は事業が大幅に拡大していく中で、人手不足に陥っている企業が多くいた。人手不足に関して特徴的であったのは株式会社エスコである。扱っている商品種類が多いことが強みとなっている一方で、多種類に対応する商品知識の修得や管理体制の構築を行う必要があり、それが実現できない間は逆に人手不足に悩まされるという結果につながっている。
また、3社に関しては上記とは別の課題を抱えており、得られた回答を表 6-1に示す。その中で、株式会社イーネットワークシステムズでは受注までのスピードの遅さを課題として挙げた。これは新電力事業がまだ浸透しておらず、営業マンも顧客も全体的に知識が少ないことから、受発注までに長期間必要になるということであった。これは2015年度から新電力事業が本格的に始まったためであり、歴史が浅い事業ならではの課題であると言える。

rep28_6
図 6-1 現状の課題(複数回答)

表 6‑1  その他の回答内容(現状の課題)

認知度の低さ 技術応用力の不足
受注スピードの遅さ コストメリットの低さ