支援メニュー 〜省エネ・温暖化対策を新たな成長の原動力に〜今すぐできる中小企業向けヒント集

Top > 支援メニュー > 薩摩川内市を訪問し、川内原子力発電所視察や川内商工会議所との懇談会を開催

薩摩川内市を訪問し、川内原子力発電所視察や川内商工会議所との懇談会を開催

東京商工会議所は11月26日から27日にかけて鹿児島県の薩摩川内市を訪問し、九州電力川内原子力発電所を視察するとともに、川内商工会議所幹部との懇談会を開催した。

本視察・懇談会は日本商工会議所と合同で開催。日商エネルギー・環境委員会委員長で神戸商工会議所の大橋忠晴会頭、同副委員長で柏崎商工会議所の西川正男会頭をはじめ、東商エネルギー・環境委員会の委員も含め合計20名が参加した。

川内原発の視察では、九州電力幹部から厳しい新規制基準への適合性審査をクリアし、地元自治体の了承も得て、営業運転再開に至るまでの取り組み等について説明を受けるとともに、使用済み核燃料プールや新規制基準対応の緊急時対策所、非常用ディーゼル発電機燃料油貯蔵タンク、組み立て式水槽の訓練等を視察した。

川内商工会議所との懇談会では、山元浩義会頭をはじめ幹部から、川内原発運転再開までの地元経済界の取り組み等について説明を受けた。意見交換では、再生可能エネルギーと原子力発電の両方を含む電源のベストミックスの検討が必要との意見が出されたほか、地元市民への理解促進活動や今後の地域活性化の方向性等について、活発な意見交換が行われた。

 

 

説明

川内原発の中央制御室で説明を聴く神戸商工会議所の大橋会頭(中央)ら参加者


西川会頭

懇談会に臨む柏崎商工会議所の西川会頭(右)


山本会頭

挨拶する川内商工会議所の山元会頭(右)ら同所幹部

,