「国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)」は6月18日、第5回会合を都内で開催しました。2011年から2020年までの10年間は、国連の定めた「国連生物多様性の10年」です。国内では、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)で採択された「愛知目標」の達成を目指し、国内のあらゆるセクターの参画と連携を促進するため同委員会が2011年9月に設立されています。

 第5回委員会では、関係省庁、有識者・文化人、民間団体、経済団体等が出席し、今年度の活動計画について決定しました。各委員から、所属団体における生物多様性に関する取組内容と、今年が「国連生物多様性の10年」の折り返し年にあたることから、これまでの取組みに対する中間評価について発表した後、意見交換を行い、関係者間でさらに連携を深め、生物多様性に資する活動を拡大させていくことなどで合意しました。

 国連生物多様性の10年日本委員会http://undb.jp/

第5回「国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)」の開催について(環境省)https://www.env.go.jp/press/101084.html