支援メニュー 〜省エネ・温暖化対策を新たな成長の原動力に〜今すぐできる中小企業向けヒント集

Top > 支援メニュー > 2015年度夏季の電力需給対策を決定(内閣官房)

2015年度夏季の電力需給対策を決定(内閣官房)

 政府は5月22日、2015年度夏季の電力需給対策を決定しました。

 2015年度夏季の電力需給見通しは、老朽火力の最大限の活用等を前提に、全国的に必要最低限の予備率(3%)以上が確保される見通しですが、関西電力と九州電力は単独で予備率3%以上を確保できず、他社からの受電により予備率3%以上を確保できる見込みです。

 このような状況を踏まえ、今年度夏季の電力需給対策として、政府は、数値目標を設けない形で、「現在定着している節電の取組が、国民生活、経済活動等への影響を極力回避した無理のない形で、確実に行われるよう、全国(沖縄電力管内を除く)で節電の協力を要請する」としています。

詳細はこちら⇒http://www.meti.go.jp/setsuden/pdf/150522/150522_01b.pdf

,