支援メニュー 〜省エネ・温暖化対策を新たな成長の原動力に〜今すぐできる中小企業向けヒント集

Top > 支援メニュー > 東商「eco検定アワード2013表彰イベント環境推進担当者交流会」3/14(金)PM

東商「eco検定アワード2013表彰イベント環境推進担当者交流会」3/14(金)PM

東京商工会議所主催により「eco検定アワード2013」を受賞した企業や個人等による環境活動事例発表、及び、環境推進担当者の交流会を実施します。
 事例紹介により企業における環境活動のヒントを得られるほか、業種・規模の異なる企業との交流により、課題解決の糸口を共に考えることのできる機会です。是非、奮ってご参加ください。

【日 時】:2014年03月14日(金)14時00分〜18時45分

【場 所】:東京商工会議所ビル

【内 容】:

 【第1部: 表彰式・事例紹介 /14:00~17:00 】
「eco検定アワード2013」を受賞したエコユニット担当者およびエコピープルより、活動内容の発表(プレゼンテーション)を行います。

【第2部: 交 流 会 /17:00~18:45 】
受賞したエコユニットの関係者やエコピープルも参加するティーパーティです。
 日頃接することの少ない他社の環境推進担当者と情報交換や課題を共有することのできる機会です。肩肘張らない雰囲気で人脈の拡大をお図りいただけます。

■eco検定とは
 多くの専門分野が存在し、ますます多様化・複雑化する環境問題について、幅広い基礎知識の習得を目指す検定試験です。正式名称は「環境社会検定試験」。
 多くの企業や学校に環境教育ツールとして活用され、2006年に試験を開始してからこれまでに、約30万人の方が受験され18万人の合格者が誕生しています。
 人々の環境意識の高まりにともない、多くの製品やサービスが環境を意識したものに変わってきていることから、ビジネスパーソンにはビジネスと環境の相関を的確に説明する能力が求められてきています。こうしたことから、環境に関する総合的な基礎知識を習得できるeco検定を環境教育の入門として、幅広い業種・職種の方に活用いただいています。
 大学での活用も増えており、eco検定の合格を単位として認定したり、eco検定公式テキストを授業で使用する大学も出てきています。

■エコユニット・エコピープルとは
 eco検定の合格者をエコピープルと呼称しています。エコユニットはエコピープル2名以上が中心となって集まったグループのことで、現在、企業や学校をはじとめとして約200ユニットが登録されています。

【定 員】:100名

【参加費】:無料

詳細はこちら→http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-51881.html