支援メニュー 〜省エネ・温暖化対策を新たな成長の原動力に〜今すぐできる中小企業向けヒント集

Top > 支援メニュー > H25「CO2削減・節電ポテンシャル診断」受診事業所募集(環境省)

H25「CO2削減・節電ポテンシャル診断」受診事業所募集(環境省)

環境省では、昨年度に引き続き、CO2削減・節電ポテンシャル診断(無料)を実施します。
本診断では、環境省が診断機関を派遣し、工場やビル等における設備の導入・運用状況等を無料で計測・診断いたします。診断実施後、費用・効果等に関する情報も含め、設備導入又は運用改善による様々なCO2削減・節電対策メニューを「診断報告書」として取りまとめ、受診事業所に提供し、事業者における費用効率的なCO2削減・節電対策の実施を支援します。6月17日(月)より、本年度の受診事業所の募集を開始しました。また、公募説明会及び相談会が東京(6月27日(木))と大阪(6月28日(金))で開催されます。

 

(1)CO2削減・節電ポテンシャル診断の内容

 受診事業所にCO2削減・節電ポテンシャル診断を行う専門機関(診断機関)を派遣し、設備の導入状況、運用状況、エネルギー消費状況等を踏まえ、当該事業所において適用可能な具体的なCO2削減・節電対策(設備更新・導入、運用改善等の対策方法別の削減可能量及び対策コスト等)を明らかにします。診断結果は診断機関より報告され、今後の対策に活用していただくことが期待されます。
 なお、受診事業所がお持ちの既存資料(エネルギー使用状況、保有設備に関する資料、過去の診断結果等)の分析、現場ヒアリング・現場確認等により行う「計測なし」のコースと、受診事業所のエネルギー計測(数日~2週間程度を予定)による診断を行う「計測あり」のコースを設けます。

募集コース 診断方法
計測なしの
コース
当該事業所がお持ちの既存資料(エネルギー使用状況、保有設備に関する資料、過去の診断結果等)の分析、現場ヒアリング・現場確認等により診断
計測ありの
コース
当該事業所がお持ちの既存資料(エネルギー使用状況、保有設備に関する資料、過去の診断結果等)の分析、現場ヒアリング・現場確認等に加えて、現場でのエネルギー計測(数日~2週間程度を予定)を行い、これらの結果を基に診断

 
(2)対象事業所

 年間CO2排出量が3,000t以上の事業所(工場、事業場)
 (ただし自動車等の排出、民生部門のうち住宅、集合住宅等の排出は含みません。)
 一次から二次の募集全体を通じて60事業所程度を予定しています。
 (お申し込みの状況によって変わる可能性があります。)
 対象者の選定にあたっては、部門、業種、温室効果ガスの排出規模、エネルギー計測の有無、地域などのバランス等に配慮し選定します。

 
(3)費用負担

 診断機関による診断(計測を含む)にかかる費用は環境省が負担します。

 
(4)公募期間等

募集区分 公募期間 診断期間(予定)
一次募集 平成25年6月17日(月)-7月5日(金) 平成25年7月下旬~
二次募集 平成25年7月8日(月)-7月26日(金)
応募書類をもとに選定し、採択の可否をお知らせいたします。
予定事業所数に達した場合、以降の募集を行わないことがあります。

 

詳細はこちらよりご確認ください⇒http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16787

,