支援メニュー 〜省エネ・温暖化対策を新たな成長の原動力に〜今すぐできる中小企業向けヒント集

Top > 支援メニュー > 都環境局他「再生可能エネルギーはどこまできたか」12/4(火)PM13:00

都環境局他「再生可能エネルギーはどこまできたか」12/4(火)PM13:00

東京都環境局、及び公益社団法人東京のあすを創る協会共催により「再生可能エネルギーはどこまできたか」~東京から考える・これからのエネルギー~を開催いたします。

 昨年3月に発生した東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故後、無駄なエネルギーを使わない、新たな省エネ・ライフスタイルも進みつつあります。
 一方、一躍注目を浴びるようになった太陽光、風力、地熱、小水力などの再生可能エネルギーや蓄電の技術。東京都でも節電の先に、低炭素、快適性、防災力の3つを同時に実現する「スマートエネルギー都市」を目指し、「省エネ・エネルギーマネジメント方針」を策定しています。また、小水力発電などに取り組む地域の活動など、新たな動きが生まれています。様々な気象災害をもたらしている地球温暖化問題を解決する視点からも、再生可能エネルギーの現状を把握し、今後を見据えた展望は欠かせません。
 東京における再生可能エネルギーについて、一緒に考えるつどい、「地球環境フォーラム」を開催いたします。

【日 時】:平成24年12月4日(火)午後1時~3時30分

【場 所】:都庁・都民ホール(都議会議事堂1階)(新宿区西新宿2-8-1)

【内 容】:

(1)基調講演 「再生可能エネルギーの今と未来」
   講師 室山 哲也(NHK解説主幹)
    
(2)パネルディスカッション
   コーディネーター 室山 哲也(NHK解説主幹)
   パネリスト   
   冨田 鏡二 (株式会社東京ガス上席エグゼクティブ・スペシャリスト 環境部長)
   末光 正忠(MeC西東京生活会議代表)
   三浦 大助(東京都環境局都市地球環境部再生可能エネルギー担当課長)

【参加費】:無 料

【対 象】:一般都民、生活学校・生活会議関係者、区市町村関係者

詳細、お申込みは以下URLをご参照ください

http://www.ashita.or.jp/tokyo/osirase-forum.html