支援メニュー 〜省エネ・温暖化対策を新たな成長の原動力に〜今すぐできる中小企業向けヒント集

Top > 支援メニュー > 都環境局主催 環境学習講座「省エネ対策について考える」11月(全3回)

都環境局主催 環境学習講座「省エネ対策について考える」11月(全3回)

東京都環境局主催により、環境学習講座「省エネ対策について考える」11月・全3回を開催します。

<環境学習講座について>

東京都は、都民や事業者の皆様が環境問題への理解を深め、自発的・自立的に環境に配慮した事業活動を行えるよう、都内中小企業等を対象に、平成22年度から環境学習講座を開講しています。(主催/東京都、実施/東京都環境科学研究所)

<講座の内容について>

今回講座は、「エネルギーの見える化」をテーマに、エネルギーの実態把握の必要性と「見える化」のツールとして、デマンド監視装置やBEMS等の紹介をいたします。

(BEMS(ベムス)… Building Energy Management Systemの略、建物全体のエネルギー供給や需要の状況を総合的に把握し、機器や設備の運転を効率的に行い、総合的に省エネルギーを実現させるためのシステム)

 <なぜ見える化が必要なの?>

無理なく長続きできる省エネ対策をするには、「エネルギーの見える化」による実態把握が重要です。「見える化」により現状を把握し、どこに問題があるのか検証し、無駄遣いを徹底的になくすことで、快適性を保ちながら省エネをすることができます。意欲のある事業者の方の積極的なご応募をお待ちしております!

【日 程】:全3回(11月14日・21日・29日)

【時 間】:11月14日・21日;1時30分~5時、11月29日;午後半日(1時頃~5時頃)

【場 所】:東京都庁ほか

【内 容】:

<1日目:講義>

「省エネ対策等の現状と必要性」(東京都環境科学研究所 主任研究員 藤原 孝行)

「環境・エネルギー政策の現状と今後」(東京都地球温暖化防止活動推進センター センター長 宮田 博之) 

<2日目:講義>

「見える化による省エネ」、「実践的な省エネ対策について」

(東京都環境科学研究所 主任研究員 藤原 孝行、東京都地球温暖化防止活動推進センター職員)

<3日目:企業の取組事例視察>

【定 員】:抽選で50人

【費 用】:無 料(交通費等は自己負担)

詳細お申込みは以下URLをご参照ください

http://www.tokyokankyo.jp/kankyoken/