支援メニュー 〜省エネ・温暖化対策を新たな成長の原動力に〜今すぐできる中小企業向けヒント集

Top > 支援メニュー > 都環境局「快適性と省エネルギーを両立させる空調-不快指数冷房のすすめ-」

都環境局「快適性と省エネルギーを両立させる空調-不快指数冷房のすすめ-」

夏季の省エネルギー対策として、空調は28度に設定しさえすればよいというものでもありません。 

実は、快適性を維持しながら省エネを実現するためには、温度だけでなく湿度とのバランスを考慮した「不快指数」に着目した空調の制御が重要なポイントです。

今夏の省エネ対策として、この『不快指数冷房』もひとつの取組みになります。

東京都環境局で、不快指数冷房についての解説をWEB上で公開しています。
下記ホームページをご覧ください。http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/climate/setsuden/cat8073/index.html