支援メニュー 〜省エネ・温暖化対策を新たな成長の原動力に〜今すぐできる中小企業向けヒント集

Top > 支援メニュー > 平成24年度 新エネルギー及び省エネルギー機器等導入助成(北区)

平成24年度 新エネルギー及び省エネルギー機器等導入助成(北区)

 北区では、温室効果ガスの排出を削減するため、個人又は事業者の方を対象に、新エネルギー及び省エネルギー機器導入費用の一部を助成しています。 

※必ず工事着工前に申請書を提出してください。設置後の申請は受け付けできません。

 【助成の種類/助成要件/助成金額】:

○太陽光発電システム:最大出力合計が3kw以上、10kw未満のものであり、かつ、財団法人電気安全環境研究所(JET)の認証を受けた機器又はそれと同等と認めるもの。 設置に要する経費の20%以内とし、100万円を限度とする。 

 ○CO2冷媒ヒートポンプ給湯器(エコキュート):事業用途に供する部分において使用するCO2冷媒ヒートポンプ給湯器であって、社団法人日本冷凍空調工業会のJRA4050:2007R規格に基づく中間期エネルギー消費効率(中間期COP)が3.8以上であること。 設置に要する経費の20%以内とし、100万円を限度とする。 

○潜熱回収型給湯器(エコジョーズ): 事業用途に供する部分において使用する潜熱回収型給湯器であって、JIS基準(JIS S 2109)に基づく給湯熱効率が90%以上であること。ただし、定格熱出力が35kw以上の潜熱回収型給湯器については、窒素酸化物の排出濃度について、東京都低NOx・CO2小規模燃焼機器認定要綱第3条第1項の認定基準を満たすものであること。設置に要する経費の20%以内とし、100万円を限度とする。 

 ○ガス発電給湯器(エコウィル・ジェネライト):  事業用途に供する部分において使用するガス発電給湯器であって、ガスエンジンユニットのJIS基準(JIS B 8122)に基づく総合効率が低位発熱量基準で80%以上であること及び貯湯ユニットの容量が90リットル以上であること。 設置に要する経費の20%以内とし、100万円を限度とする。

 ○省エネルギー型小規模燃焼機器事業用途に供する部分において使用する小規模燃焼機器で、東京都低NOx・CO2小規模燃焼機器認定要綱第3条第1項の認定基準を満たすものあること。設置に要する経費の20%以内とし、100万円を限度とする。

【助成対象者】:

(1)区内に居住又は居住する予定の方の場合は、その住宅に助成対象機器等を自ら使用する目的で設置又は施工する方。 

(2)区内に事業所を有する又は有する予定の方の場合は、その事業所に助成対象機器等を自ら使用する目的で設置又は施工する方。

(3)区内の建築物における区分所有者の団体の管理者の場合は、その建築物の共有部分に助成対象機器等を自ら使用する目的で設置又は施工する方、他。 

【募集期間】:平成25年3月20日までに工事完了報告書を提出できること

詳細は以下URLをご参照ください

http://www.city.kita.tokyo.jp/docs/service/300/030061.htm