支援メニュー 〜省エネ・温暖化対策を新たな成長の原動力に〜今すぐできる中小企業向けヒント集

Top > 支援メニュー > 都内中小クレジット活用促進スキーム(設備導入助成)(豊島区)

都内中小クレジット活用促進スキーム(設備導入助成)(豊島区)

豊島区は、区内の中小規模事業所における省エネ設備導入を促進するための仕組み「都内中小クレジット活用促進スキーム」の運用を行っています。省エネ設備導入に対する助成金に加え、導入による二酸化炭素(CO2)削減量を「都内中小クレジット」として区内の大規模事業所へ売却できるようにすることで、中小規模事業所の費用負担を軽減するものです。
 対象となるのは、中小事業所(年間エネルギー使用量1500kℓ未満)におけるLED(発光ダイオード)などの高効率照明器具、高効率パッケージ型空調機、高輝度誘導灯、高効率冷凍冷蔵設備など「都内中小クレジット算定ガイドライン」の認定基準に該当する設備。150万円を上限に設備導入費用の2分の1を助成する。
 通常、クレジットの売却益を得られるのは、設備導入の数年後となりますが、このスキームでは、区が指定する支援事業者が、削減量に応じた導入費用の値引きや低金利リースといった形で、導入とほぼ同時に何らかのメリットが提供されるのが特長となっています。
 
≪事業概要≫
・区から設備導入助成金を交付します。(上限150万円)
・さらに、設備導入によるCO2削減量(都内中小クレジット)に応じたキャッシュバック等が受けられます。
・各種の申請手続きは、区指定の「支援事業者」が代行・サポートします。

≪助成対象事業≫
以下のすべてに該当する事業 
・豊島区内で継続して1年以上事業を営む中小規模事業所に省エネルギー設備を導入する事業
・支援事業者の関与を受け、実施する事業
・都内中小クレジットの創出が可能である事業

≪申請方法≫
区が指定する支援事業者を通じて申請してください。
必ず、設備導入工事を開始する前に申請してください。
着工後の申請は、受け付けることができません。

詳しい内容につきましては以下HPをご参照ください。
 http://www.city.toshima.lg.jp/kankyo/14191/022128.html