支援メニュー 〜省エネ・温暖化対策を新たな成長の原動力に〜今すぐできる中小企業向けヒント集

Top > 支援メニュー > 東京都微量PCBの分析補助制度(東京都)

東京都微量PCBの分析補助制度(東京都)

東京都では、中小企業等の皆様が都内に保有するトランス類について、微量PCB分析経費の一部を補助する制度を行っています。コンデンサについても微量PCB分析経費の一部を補助することになりました。

将来、コンデンサ、トランス類や、交換した絶縁油を廃棄する場合、PCB分析が必要になりますので、この機会に早めにPCB分析することをお勧めします。

PCB<ポリ塩化ビフェニル>は、化学的に安定で絶縁性など優れた性質を持っているため受電施設のトランスなどに幅広く利用されました。しかし、昭和43年に発生したカネミ油症事件を機にPCBの毒性が大きな社会問題となり、昭和49年までに使用が原則として禁止されました。

しかし、平成14年になって、PCBを意図的には使用していない電気機器にも、非意図的な原因により微量のPCBが混入している可能性があることが明らかになりました。

これら機器を廃棄する際は、機器内部の絶縁油中のPCBを分析し、PCB汚染の有無を判定しなければなりません。分析の結果、0.5mg/kgを超えてPCBが検出された場合は、無害化処理が始まるまでの間、PCB廃棄物として特別管理産業廃棄物保管基準を遵守し保管する必要があります。

さらに、これら機器を使用している事業者もPCB濃度を分析し、0.5mg/kgを超えて検出された場合は、適正な管理をしていくことが望まれます。

【補助金額】:試料採取費及び分析費の1/2※ただし、1台あたりの補助は12,500円を上限とします。

【申請受付期間】:平成23年4月1日(金)~平成24年2月15日(水)必着

【詳細URL】:http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/resource/industrial_waste/special_management/pcb/subsidies/index.html