事例紹介 〜省エネ・温暖化対策を新たな成長の原動力に〜今すぐできる中小企業向けヒント集

Top > 省エネ診断・実践ガイド > 省エネ診断事例紹介 > キクヤピーエム株式会社

『 "補助金制度"を活用した空調設備の更新計画 』
-今までの省エネ活動から、さらなる効果を求めて- 

キクヤピーエム株式会社

 

夏の省エネ診断後の対策について

1 空調設定温度の28度設定の徹底と、従業員への啓蒙を実施しています。
また、今まで特に気にしていなかったロスナイ(全熱交換器)の運用を確認しながら実施しています。
夏場は停止し、無駄な電力使用、空調負荷低減に取り組みました。

但し、自社ビルでありますが自社使用区分が1階のみ(8階中)のため自社のみの対応では限界がありました。
今後は、テナントへの省エネ活動のためのデータ提供などを実施できるように努めます。
【画像】空調設定温度の管理

 

今後の省エネ対策について

2 省エネ診断後、竣工後25年経過し老朽化している、空調、照明の更新に活用できる補助金制度があることを知りました。
補助金制度について東京商工会議所からの紹介もあり、東京都の中小クレジット助成金の活用を検討しましたが、要件を満たさないので、経済産業省の3次補正予算で決定しました「建築物節電改修支援事業費補助金」を活用しようと準備しています。

設備更新に対する費用負担は中小企業にとっては非常に大きなものです。しかし、節電、省エネ対策に対する投資、補助制度を活用する投資ということもあるので、資金調達に向けて金融機関との密な連携が図れる可能性が高いです。

上手に制度を活用し、エコオフィスとしてテナント誘致を含め省エネ活動に転換していきたいと考えています。
【画像】老朽化した空調設備

 

その他の取り組み

3 わが社は台東区のCO2ダイエット宣言にも宣言し参加することで対外的な取り組みPRも実施しています。
また、取引先からの指導なども積極的に受け入れる体制も整え、協力企業含め企業姿勢として環境対策へ取り組んでいこうと考えています。
【画像】台東区CO2ダイエット宣言書とPRポスター

 

メッセージ

4 私たちは、めっき及び金属表面処理材、化学工業薬品の販売を目的として昭和8年(1993年)に創業致しました。その後、独自の配送センターを設立、本社社屋を新築落成してきました。
平成22年、台東区のCO2削減への取り組みに参加し、省エネ活動を実施しており、これからもさらなる効果を求めていきます。

 

会社概要

事業者名 キクヤピーエム株式会社
所在地 東京都台東区東上野1-28-9
業種(サービス) めっき及び金属表面処理材、化学工業薬品の販売
資本金 払込資本金 6,400万円
創業年 昭和8年
代表者 代表取締役社長・小松康宏
TEL/FAX TEL.03-3832-6281 FAX.03-3832-1607
URL http://www.kikuyapm.co.jp/
環境担当 専務取締役・小松慎司  総務部長・國井俊則

印刷用PDFダウンロードはこちら