支援メニュー 〜省エネ・温暖化対策を新たな成長の原動力に〜今すぐできる中小企業向けヒント集

Top > 支援メニュー > 東京都環境局「東京における「今夏の節電対策」の実施結果」の公表

東京都環境局「東京における「今夏の節電対策」の実施結果」の公表

東京における「今夏の節電対策」の実施結果(東京都環境局)

 2011年夏の電力不足に対応するため、東京都は「東京都電力対策緊急プログラム(平成23年5月27日策定)」に基づき、都内事業所や家庭、都施設等での節電対策を推進してきました。
 このたび、東京における今夏の節電対策の総括として、プログラムの主な実施状況とともに、都が今秋実施したアンケート調査結果を踏まえた都内事業所等での今夏の節電対策の実施状況と今後の対策継続の意向に関するとりまとめ結果が公表されました。
 詳細は、http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2011/12/60lc1100.htmをご参照ください。

<抜粋>
【調査実施概要】
都は、9月下旬から11月上旬にかけて、東京における今夏の節電対策の実施状況等について調査を実施
【今夏の節電対策】
事業所や家庭で、省エネにもつながる対策が、従来にも増してより徹底して実施
~特に大規模事業所では、これまでの省エネ・CO2削減のノウハウを活かして、比較的無理なく実践
 – 照明照度は、「従来の750ルクス以上」から、「500ルクス以下」が主流に
 – この秋も、昨秋比10%(約400万キロワット)の電力削減が継続中
電力使用制限解除後も、昨年同時期比約10%(約400万キロワット)削減が継続中(東電管内)
一方、一部負担の大きかった状況も確かに存在
【今後にむけて】
 負担のかかりすぎた一部の対策は今夏限りとし、気候変動対策(CO2削減)の観点も踏まえ、「合理的な省エネルギー対策」をより一層推進していく。