支援メニュー 〜省エネ・温暖化対策を新たな成長の原動力に〜今すぐできる中小企業向けヒント集

Top > 支援メニュー > 事業用等駐車場の緑化助成(世田谷区)

事業用等駐車場の緑化助成(世田谷区)

世田谷区では事業用等駐車場の緑化を助成します

駐車場は、街の中の大きなオープンスペースです。駐車場を緑化することは、美しい景観を形成し、うるおいとやすらぎのある快適な街づくりに重要な役割を果たします。ぜひ、この制度を活用して、駐車場の緑化にご協力ください。

【対象駐車場】
建築物(駐車場を管理する簡易な建物は除く)の敷地に含まれていない区内の駐車場

【助成金額】
 助成対象経費は、樹木等購入・植栽費、補助材購入・設置費、プランター等購入・設置費、舗装・ブロック塀撤去費になります。(詳しい要件は、【助成要件】をご覧ください)

【助成金額】
助成内容 助成単価
(1)中木(樹木高1.2メートル以上)の生垣状植栽 1メートル当たり 12,000円以内
(2)低木(樹木高0.6メートル以上)の生垣状植栽 1メートル当たり  6,000円以内
(3)多年生つる性植物等によるフェンス緑化 1メートル当たり  1,000円以内
(4)高木(樹木高3.0メートル以上)の植栽 1本当たり 45,000円以内
(5)樹木や多年草の面的植栽(芝生を除く) 1平方メートル当たり  6,000円以内
(6)5分張り以上の芝張り 1平方メートル当たり  1,500円以内
(7)プランター等(100リットル以上)の設置 1基当たり  6,000円以内
(8)舗装等の撤去 1平方メートル当たり  3,000円以内
(9)ブロック塀等の撤去 1メートル当たり  5,000円以内

 ・造成費用が上記金額以下になる場合は、実費額を助成
・助成限度額  総額 500,000円まで

【助成対象者】
対象駐車場の所有者または管理者。
(ただし、国、都及び他の地方公共団体を除く)

【助成要件】
 これから新しく、次の植栽等工事を行う場合。
(1)高さ1.2メートル以上の樹木を長さ1メートル以上、相互の葉が触れ合う程度に生垣状に植栽。
(2)高さ0.6メートル以上1.2メートル未満の樹木を長さ1メートル以上、相互の葉が触れ合う程度に生垣状に植栽。
(3)フェンス等の支持材を用いて、支持材に多年生つる性植物等を巻きつける場合、つる性植物等をフェンスの延長1メートルにつき3本以上植栽。
(4)高さ3メートル以上の樹木を植栽。
(5)高さ0.3メートル以上の樹木を、面積1平方メートルにつき6本以上面的に植栽。または、高さ0.3メートル未満の樹木または多年草を、面積1平方メートルにつき16本以上(ただし、リュウノヒゲ、タマリュウ、セダム類は36本以上)面的に植栽。
(6)芝生を5分張り以上で植栽。
(7)容積が1基100リットル以上のプランター等を安定的に設置。
(8)緑化を目的として、既存の舗装や縁石等を取り壊す場合の経費。
(9)緑化を目的として、既存のブロック塀等を取り壊す場合の経費。

詳細は以下からご確認ください。
http://www.city.setagaya.tokyo.jp/030/d00022354.html