支援メニュー 〜省エネ・温暖化対策を新たな成長の原動力に〜今すぐできる中小企業向けヒント集

Top > 支援メニュー > 中止:環境省温室効果ガス排出量「見える化」評価広報報告会3/23

中止:環境省温室効果ガス排出量「見える化」評価広報報告会3/23

事業者の提供する商品・サービスに係る温室効果ガス排出量「見える化」の評価・広報事業 成果報告会

※震災等の影響を鑑み、開催日程が変更させれることになりました。なお、変更後の開催日時等は未定とし、仔細は決定次第あらためて発表となります(今回既にお申込みいただいた方も、日程変更後の開催時に再度お申込みいただく形となりますこと、ご了承ください)。

 

近年、家庭や企業にて電気などの使用状況をリアルタイムに把握できる機器など、エネルギーの使用量や温室効果ガスの排出量を定量的に表示する「見える化」の商品・サービスが増えてきており、その「見える化」による削減効果にも注目が集まっています。環境省では、このような商品・サービスの効果について評価・検証する事業を行ってきましたが、このたび、その結果を取りまとめましたので、成果報告会を開催し、広く公表することになりました。
 採択事業者と自由に意見交換できる時間も用意しておりますので、「見える化」の機器商品・サービスによって温室効果ガスの排出削減を図りたいと考えられている方をはじめ、このような技術の開発を実施している方や評価方法にお困りの方など、皆様奮ってご参加ください。

※ご参考:温室効果ガス排出量「見える化」評価・広報事業専用ホームページ
  http://rt-mieruka.mri.co.jp/jigyousha/

■日時:
平成23年3月23日(水) 13:30~17:00
■場所:
都道府県会館 1F 101会議室(東京都千代田区平河町2-6-3)
■参加費:
無料
■定員:
100人(希望者多数の場合は先着順)

◎進行プログラム(予定)
・開会挨拶
・第一部:本年度事業の成果発表
 本年度の7つの採択事業について、各事業者から成果発表を行います。
・交流:発表事業者との自由な意見交換
 発表事例について詳しく知ることができます。なお、実機展示や交流スペースも用意しております。
・第二部:昨年度事業のご紹介
 平成21年度に本事業に参加した2社(予定)から、「見える化」商品のその後の普及状況についてご紹介します。
・交流:発表事業者との自由な意見交換

◎参加の申込方法等
 3月18日(金)12:00までにE-mailにてお申し込みください。(先着順)
 申込等の詳細については以下のURLからご確認ください。
 http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=13591